ABOUT

TERASIAとは

国境をまたがずにアジアを旅する TERA×ASIA

「テラジア|隔離の時代を旅する演劇」は、2020年、世界規模のコロナウイルスの流行とともに始まったアジアの協働プロジェクトです。2018年に東京で初演された『テラ』という演劇作品を、アジア各地のアーティストたちが次々に作り変え、創作・発表していきます。

日本、タイ、ベトナム、ミャンマー、インドネシアの各国の『TERA』作品プランに共通する特徴は、死について、また神仏や霊魂などの不可視の存在について、詩、話芸、音楽、仏教の枠組みや空間の力を借りながら問いかけることです。

-わたしたちは何者か。
-何を信じ、どこに向かうのか。
-生きるとは、死ぬとは?

そんな普遍的な問いに向き合いつつ、それぞれのチームは各地の人々と出会いながら、その価値観や歴史を反映した新しい『テラ』を、自由な発想によって創作します。

分野の垣根を超えて開かれた実験の場

このウェブサイトは、TERASIAの国際共同プロセスを公開し、多言語で展開するためのプラットフォームです。プロジェクトに参加するメンバーたちが、遠隔での創造的交流によって何に出会い、何を発見するのか。それは、時間とともに「目に見える形」となって仮想空間に集積されていきます。

一方で、人と人との接触のあり方がダイナミックに変容する今、わたしたちはTERASIAを通して、「目に見えないもの」を探求する実験を続けます。言い換えれば、この旅の目的は、文化の違いを超えて共有される人間のコアに迫ることであり、最終地点でリアルに集い会うことができる日を切に望みながら進んでいきます。

TERASIAは2021年現在、タイ、ミャンマー、インドネシア、ベトナム、日本の5か国の、多分野の実践家からなるコレクティブです。プロジェクトは新たな人との出会いによって形を変えてゆきます。出身や専門を問わず、さまざまな角度からの参画を歓迎します。

プロジェクト・タイムライン

2018.11
フェスティバル/トーキョー18 まちなかパフォーマンスシリーズ
『テラ』初演 東京・浄土宗西方寺公演

2019.12
カルタゴ演劇祭に招待され、『テラ』チュニジア3都市ツアー
(チュニス、モナスティル、ザグアン)

2020.05
日本、タイ、ミャンマー、インドネシアのアーティストたちがオンラインで「テラジア|隔離の時代を旅する演劇」を結成

2022.10
明治大学「舞台芸術論B」「教養演習B」授業内ゲスト登壇
(講師:田中里奈)

2020.10
『TERA เถระ』タイ・チェンマイ パラット寺院公演

2020.10
『TERA เถระ』オンライン上映会+アフタートークセッション

2020.11
京都芸術センターで『TERA เถระ』上映会+プレゼンテーション

2021.02
国際舞台芸術見本市TPAMでプレゼンテーション
→ベトナムチームが参画

2021.03 
『テラ 京都編』京都・臨済宗興聖寺公演

2021.11 
オンラインのミニフェス「テラジアオンラインウィーク2021」開催

2022.05
ミャンマーチームによる展覧会『Masking/Unmasking Death 死をマスクする/仮面を剥がす』開催予定

2022.08
ベトナムチームによる映像作品『TERA Vietnam(仮題)』公開予定

2023.09
インドネシアチームによる『TERA Indonesia(仮題)』上演予定
ジャカルタにて全チーム参加の「テラジアサミット」開催予定