テラ

演出家の坂田ゆかり、俳優の稲継美保、ドラマー・パーカッショニストの田中教順の1980年代生まれの3人による、「寺」や「仏教」をテーマにした演劇作品。三好十郎の詩劇『水仙と木魚』をベースに、吉岡実、富岡多恵子による文学作品、寺を取り巻く地域の記憶、住職へのインタビューや仏教法話、浄土三部経の無量寿経を織り込み、戯曲が創作された。

公演会場・期間

会場:西巣鴨 西方寺
期間:2018年11月14日〜17日

キャスト・スタッフ

作・演出:坂田ゆかり
出演:稲継美保
音楽:田中教順
ドラマトゥルク:渡辺真帆

衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
音響:福岡功訓、堀籠勇矢(Flysound)
舞台監督:佐藤 恵
舞台監督助手:石橋侑紀
英語翻訳:ジョン・タウンゼント
記録写真:松本和幸
記録映像:藤川琢史、宮澤 響(Allosidae)
宣伝写真:加藤 甫
宣伝美術(メインビジュアル):11piki
宣伝美術:植田 正
制作:松宮俊文、荒川真由子(フェスティバル/トーキョー)
インターン:堂前晶子、戸倉紀乃、村上理衣奈

原案:三好十郎「詩劇『水仙と木魚』―一少女の歌える―」ほか
企画・主催:フェスティバル/トーキョー
協力:遠藤卓也(未来の仏教ラボ)
特別協力:西巣鴨 西方寺

引用:吉岡実「僧侶」
1958『僧侶:吉岡実詩集』ユリイカ
富岡多恵子「前書」「お前じゃなくて 奴だ」
1970『厭芸術反古草紙』思潮社

テラ チュニジア3都市ツアー

2019年12月、『テラ』がカルタゴ演劇祭に招待され、チュニス、モナスティル、ザグアンの3都市を巡演しました。

公演会場・日時

チュニス
会場:ISAD Institut Supérieur d’Arts Dramatiques
期間:2019年12月10日
モナスティル
会場:Centre des Arts Dramatiques et Scéniques de Monastir
期間:2019年12月12日
ザグアン
会場:Centre des Arts Dramatiques et Scéniques de Zaghouen
期間:2019年12月14日

キャスト・スタッフ

演出:坂田ゆかり
出演:岩澤侑生子
音楽:田中教順
ドラマトゥルク:渡辺真帆
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
通訳:ハイサム・シーミ

助成:公益財団法人セゾン文化財団